夫の浮気相手に身を引かせ夫の心を取り戻すことができました

夫の浮気に気づき浮気相手に身を引かせ夫を取り戻すことができました

私は結婚を機に仕事を退職し、親戚や友人もいない土地へ転居しました。
夫以外頼る人間のない、縁もゆかりもない土地での生活を始めて、苦労は少なくありませんでした。
それでも、新しく仕事を見つけ、不規則な仕事の夫が居心地のいい家を守ることを心がけ、毎日一生懸命でした。
夫は肉体系の仕事でしたから、家にいる間くらいはしっかり休めるように、お弁当作りからハンカチの用意まで、なんでもしてあげていました。
そんなふうに尽くしていたから、きっと「こいつは何をしてもいいんだ」と甘く見られたんでしょうね。
気がついた頃には、夫が家に帰ってくる時間が遅くなり、休日も家を空けることが多くなりました。
夫は「仕事で忙しいから」と言っていましたが、実は私は転職前、夫の現職場と同じ業種の仕事をしていたのです。
だから、夫の職場がその時期忙しいなんてことがあり得ないと、すぐに気がついてしまったんです。
不倫だと思いたくなかったけれど・・・携帯電話が大嫌いなはずの夫が、トイレにまで携帯電話を持ちこむようになっているのを見て、不倫を確信しました。
だけど、どうやって確認すればいいの?
悩んだ挙句、ありきたりと言えばそうですが、私は夫の携帯電話をチェックすることにしました。
携帯電話を買った時、機械音痴の夫に頼まれてパスワードを設定していたのですが、そのパスワードというのがお互いの誕生日だったんです。
夫は相変わらず機械が苦手でしたから、きっとパスワードもそのままだと思ったら、案の定、すんなりと解除できました。
そこでLINEを確認してみたところ、夫と、夫の会社の取引先の女性との、行為中と明らかにわかる写真が出てきました。
正直なところ、その写真を見た時はショックが大きすぎて、そのときは悲しいとか悔しいとか、一切感情が浮かびませんでした。
だけど頭のどこかは冷静だったので、LINEの画面のスクリーンショットを取って、写真と一緒に私の携帯に転送しました。

夫とのことは、だいぶ悩みました。
まだ私は別れてもやっていける年齢だし、仕事もずっとやってきたし、専門的な技能もあるから、一人でも生きていける。
だけど、やっぱり夫には愛情がありました。
馬鹿ですよね、不倫されたというのに、彼をまだ愛していたんです。
特に、不倫中にも関わらず夫が毎日家に帰ってきていることが、「自分が彼の妻なんだ」「彼は私がいないとダメなんだ」と思いにつながっていました。
それで、悩んだ結果、夫の取引先に偽名を使って電話をして、不倫相手の女性を近所の喫茶店まで呼び出しました。
自分の携帯電話に転送した写真を見せて、彼女と話をしました。
この写真を女性の勤務先にばらまかれたくなければ、夫には何も言わずに身を引いてほしい。
そうすれば、慰謝料も要求しないし、この件はなかったことにしてあげる。
相手の女性は私よりも年下だったので、この件で将来をつぶしたくないだろうと、それが狙いでした。
案の定、女性は自分の保身に走り、私の言うとおりに、夫には何も説明せずに別れを告げたようです。
私はその間、ひたすらいい妻であり続けました。
そうすれば夫は自分の過ちを悔いて戻ってくるはずだから・・・
狙い通り、彼女に振られて傷心の夫は、私の待つ家にきちんと帰ってくるようになりました。
誰が自分を一番大切に思い、愛しているかがよくわかったみたいです。
それ以来、私と夫はよい夫婦に戻りました。

夫の浮気の虫は今のところじっとしているようです。
このままいい夫婦であり続けられるよう、私もよい妻であるために努めたいと思っています。
後悔する前に探偵に依頼して浮気調査の費用を安く抑えるはこちら

 

(年齢:28歳 住んでいた地域:神奈川県 浮気された当時の職業:事務職 浮気相手について:取引先の従業員)